読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30才越え、株、金、女。

自分をどうにか変えていく!!メインは株式投資、それとナンパ。あとは雑記です。

スイングトレードは順張りか逆張りか

 


基本デイトレやスキャをし、こつこつ稼いでいる自分です。
ポジションを持つという事は単純にリスクにつながるし、その間世の中の動向が気になってしまうのであまりスイングをすることはないのですが、

資金がそこまで大きくない時に一番増やす効率がいいのはスイングトレードだとは思っています。
まずはその理由から聞いてください。


1.手数料が少なくて済む

定額制のところもありますが、基本的には株は一回の取引あたりいくらいくら、というように手数料がかかります。

スキャをしているともう100回ではききません。
自分ではがっつり抜いたつもりでも手数料と税金を引いたら…あれ?これだけ?
ということも多々あります。

運用資金が大きければまだいいのですが、小数しか買えないうちは手数料の比重が当然ながらおおくなりますよね。なのでそこでの金銭的メリット。


2.PCの前に張り付かなくていい

当然ですが、一桁円を抜いてレンジ相場でちょこちょこやる場合は歩み値をみて、気配値をみて、一分足、五分足、そのほか先物の具合だったり、他のよさそうな動きをしている銘柄を見つける…
そうなると常にPCの画面を凝視していないといけません。
株取引はストーリーが大事です。
なのでスイングだったら買って、自分のストーリの中でもしかしたら起こりうる、許容できる下限に指値をして放置をしておけばいいんです。
後はちょこちょこみるだけ。


まぁこの二つが大きいでしょう。

ただスイングは利益になるまで当然ながら時間がかかりません。一週間~一か月は。
その間下がることもおそらくあるでしょう。直線なんてものはないのですから。
なのでそれを踏まえたうえで育つのを待てるかどうかの忍耐力が大事になりますね。


とはいえスイングは型にはまると大きな利益を出せるので、自分も嫌いではありません。むしろ好きです。

さて、そんなスイングですが、じゃあインするタイミングはどうしたらいいの?
と思いますよね。
そこで順張りか逆張り
がでてきます。

※ここでは空うりの事は考えません。

さてまずは順張りですが
順張りとはどういうことでしょうか?


順張りとは

簡単に言えば株価が上昇トレンドにいるときに買い、
下落トレンドに入ったら売る。という基本的な考えかたです。

逆張りとは


こちらは下がりすぎた株の底を拾い反転を狙う買い方です。

両者一長一短ありますね。


順張りはトレンドに沿っているのでわかりやすい。
またその順張りのなかでも
高値更新
などの一般的に言われているタイミングで買えば短気で利益を上げることも可能です。

ですが、上がっていっているところで買うので、必然的に逆張りよりは利益は少ない傾向があります。

逆張りはトレンドの底を見つけて反転を狙うので、もし拾えたら利益が大きくでることがおおいです。なので一番のメリットはそこでしょう。

ただ、上昇トレンドではない銘柄の転換期を狙う為、外れてしまった場合はさらに下がります。

ではどちらがいいか?

これは自分の考え方なのですが、スイングに向いているのは逆張りだと思います。

株価は時計の針のように

1レンジ相場⇒2上昇トレンド⇒3天井⇒4レンジ相場⇒5下降トレンド⇒6底

を繰り返していきます。

スピードが速くてそう思えないかもしれませんが歩み値を見ればそのスピードで一目瞭然。

上がり、停滞、下がり、停滞、上がり…
の繰り返しです

この場合6でつかんで3で売りたいですね。

でも正直それは難しいです。途中で売ってもいいんですよ
利確をさせちゃいましょう。

では、逆張りの方法論ですが、
このサイクルを意識しつつ、線を引き、楕円で囲みましょう。

すると、銘柄ごとのくせも見えてきます。

どこで買えばいいのか。
それは5の終盤ですね。
下降相場にいる中で、
この銘柄の底値がどのあたりにいるのか、
以前はどこで反転したか。
線を引き今回はどこで反転するか
果たして本当に売られすぎなのか
機関投資家はどれだけ入ってきているのか
貸借はどうなっているのか
下がるべくして下がっているのか、ただの流れの中で下がっているのか


これだけ見ておけば大体
周りの投資家の人も同じ事をみています。

そしてチャートを見る事で何が大事なのは
チャート自体が大事なのではなく、

多くの投資家がそこを参考にしているという事です。
何十万人の気持ちが一致する部分だから。という事。

借りにA円という部分で全員が買い戻す!と思っていたら底値は絶対にA円なんです。
そういうものの為にチャートが必要なので余計なものは見ないでいいです。

そしてそこで拾うことができたら次です。
損きりラインをきめましょう。ここもパーセンテージではなく、面倒ですが線をひいて抵抗の位置がどこかを見ておきましょう。

そしたらもう終わりです。
狙いまで上がったら売るだけ。
逆に情報は見ないほうがいいかもしれません。だって上げ下げはしますから。
ドキドキしますもんね。

私はスイングをやる際は逆張りで、売られすぎな銘柄を探して買う、方式を使っています。

みなさんは順張りですか逆張りですか?

本当は二刀流できればいいんですけどね。もっとスキルをつけたいと思います。

ては!